WEB診療予約

その銀歯が体の不調の原因?!銀歯治療

その不調、銀歯が原因かもしれません。

top_material_o

口腔内の金属の危険性ご存知でしょうか

現在、体内デトックスや、衣・食・住などを含めアンチエイジングに努める方が非常に多くいらっしゃいます。日本において平均寿命と健康寿命に約10の差があることから、医療として今後の目標としていかに健康寿命を平均寿命に近づけるかが課題となります。そして健康寿命増進のためにはアンチエイジングが非常に効果的になります。そしてすべての人に対しアンチエイジングは健康において重要となります。しかし、多くの健康法は、いかに毒を身体に入れないようにするか、いかに身体から毒を出すかということに注目されています。これは大切なことですがどれだけ毒を身体に入れないようにしても、またサウナやサプリなどでデトックスしようとしても、口腔内の有害な歯科材料が装着されていては効果は非常に薄くなります。本気でアンチエイジングに取り組むならば、まずは口腔内の環境を見直すようにしましょう。

口腔内には毒物がいっぱい??

全身への影響を考える必要がある口腔内の材料の問題

①歯科材料に対するアレルギー(金属アレルギー、その他材料アレルギー)
②ガルバニー電流
③歯科材料自体の毒性(アマルガム、ニッケル合金、パラジウム合金、インプラント)

 

①歯科金属アレルギー

img1歯科の金属アレルギーとは歯科治療時に使われる金属がアレルギーの原因となり、お口の中や身体に異常な反応を起こす事です。金属は水分のあるところで金属イオンという小さな物質となって溶け出しています。この金属イオンが身体の免疫細胞と過剰に反応してアレルギーが発症します。花粉症のように突然発症することもあります。歯科金属アレルギーとしての症状としては、
・歯科治療後から調子があまりよくない
・口の中にある金属周囲の歯肉が白くなっている
・口内炎がなかなか治らない
・手のひらや足の裏に水ぶくれが出来る
などがあります。
その他でも一般的な、ピアスやネックレス、金属が皮膚に当たり赤くなる方も金属アレルギーの疑いがあり、口腔内金属もまた適応となります。

②ガルバニー電流

ガルバニー電流とは?

img2小さいころにアルミ箔を噛んで嫌な感触を経験したことありませんか。キーンとした感じです。これが簡単に言うとガルバニー電流というものです。これと同様に、金属材料が口腔内にある場合は口の中に電流が発生し、頭痛や肩こり、脳活動にも影響を与えると言われます。人の身体には微弱な電流が流れており、脳はこの微弱な電流により全身をコントロールしています。そこにガルバニー電流が発生すると脳が混乱してしまうと言われます。その結果、自立神経に影響を与え交感神経の緊張につながり、自律神経の失調、肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、腰痛、関節痛、抑うつ状態など様々な、症状に関連する可能性があります。身体の疲れ以外にも、エイジングにもつながってきてしまいます。

 

③歯科材料自体の毒性アマルガム

img3アマルガムという金属材料があります。実はこの金属には金属水源が重量比で約50%含まれているといいます。最近ではアマルガム治療を行う歯科医はほとんどいないはずですが、実は数年前までは普通に使用していた金属でした。しかし、このアマルガムに含まれている水銀は溶け出してしまい、歯や歯肉の色を黒くしてしまうほか、体内にどんどん蓄積していってしまう金属です。当然、金属アレルギーの原因になりやすいと言われます。また、アマルガムは、食べ物を食べるときなどに発生する摩擦熱で、水銀を含んだ水銀蒸気を発生するとも言われます。食事するたびに、水銀蒸気が発生、体内に蓄積していっているのです。これは身体に対して長期低量被爆を起こしていることと同じことになります。

■アマルガムによる水銀中毒の症状
筋肉痛・関節痛・極度の疲労・偏頭痛・胃腸の不調・視覚のかすみやぼけ・目の奥の圧迫感・口の中の痛みや焼けるような感覚・短期記憶力の低下・呼吸困難・耳鳴り・気分の落ち込み・うつ状態・集中力欠如・いらいら・しびれ・金属的な味覚・感染症にかかりやすい・血圧の不安定・副鼻腔炎・月経不順・味覚や嗅覚の障害・唾液過多ないし口腔乾燥・アレルギー症状

■水銀蓄積による主な慢性疾患
◆全身疾患
アレルギー性疾患(喘息・アトピー)・神経痛・貧血・慢性疲労・副腎疲労(アドレナルファイティーグ)・糖尿病・月経異常・多発性硬化症・アルツハイマー病・パーキンソン病・リウマチ性疾患・全身性エリテマトーデス・うつ病・てんかん・自閉症・知覚・感覚障害・メタボリックシンドローム・腫瘍など

◆歯科的口腔内疾患
虫歯・歯周病・顎関節症・熾烈不正・ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)・金属アレルギー・口腔カンジダ症・口内炎・粘膜疾患・舌痛症・不定型歯痛・腫瘍など

アマルガムや金属により、身体では様々な反応が出現します。まさにアマルガム恐怖です。また、アマルガムや金属を除去するだけで様々な体調の回復を認めることも多くあります。

身体に無害なメタルフリー治療とは

メタルフリー治療とは

img4身体に優しく、見た目も綺麗な歯科治療としてメタルフリーの歯科治療を奨めています。現在、保険内でも金属を使用せずに治療する範囲も増えています。金属を除去し、ハイブリッドセラミック、セラミック、ジルコニアなどの歯科材料に置き換えていきます。もちろん、メタルフリーだけでなく、身体に為害性の少ない高カラット金やプラチナなどの貴金属治療などのほうが噛み合わせなどを含め合う方もいらっしゃいます。まずはご相談していただき、皆様にあったオーダーメイド治療を提案させていただきます。
口腔内の金属が全てなくなったら、体内の有害蓄積金属をデトックスしましょう。アマルガムなどによる水銀の蓄積などには 高濃度ビタミンC点滴 や グルタチオン点滴 などが非常に有効です。またキレーション(有害金属デトックス)サプリメントなどで、口腔内の原因となった体内の金属をデトックスさせることでずっと悩んでいた不調から解放されるかもしれません。少しでも金属が原因なのかなと感じる方は是非ご相談ください。体内の金属蓄積の状態を把握する、毛髪検査やアレルギーの有無を把握するパッチテスト(近隣皮膚科紹介)を行い総合的に判断していきます。詳しくは当院スタッフまでご相談ください。

2016/11/24