WEB診療予約

歯科医師である私が「受けたい」治療とサービス

私(院長小嶋)スタッフ、家族が受けたい治療を提供する

kojima_kaunserinngutyu
患者様の不安を解消するための、カウンセリングと治療説明。

何の治療をしているかがわからない、、、
なぜ患者様が当院を選んでいただいたのか、問診票のアンケート箇所を見ながら、患者様の不安や悩みをヒアリングするところから小嶋デンタルクリニックの治療が始まります。新規の患者様で、当院に転院して来られる一番多い理由が、「今、何の治療をされているかがわからない。これから行う治療説明がない。」ことです。歯科医師が正しい安全な治療を提供していても、患者様にその内容が伝わらなければ意味を成し得ません。また、医療従事者は患者様との知識格差から、独善的な考えと一方的なコミュニケーションになりがちなため、説明責任を怠り、患者様を不安や不信を募らせてしまっている歯科医院が多いのかもしれません。
小嶋デンタルクリニックでは、コンセプトの一つとして私や家族が受けたい治療提供を掲げています。治療の都度、治療状況をお伝えし、治療の見える化で患者さんの不安感を取り除くように取り組んでいます。医療従事者は患者様との知識格差から、独善的な考えと一方的なコミュニケーションになりがちです。どの患者様にも説明不足がないように、歯科医師はじめ歯科衛生士が説明を行います。

 

患者様とのコミュニケーションを大切にするために

kojima-dc_124
伝えたではなく伝わる。
これがコミュニケーションのゴールだと考えています。

患者様に喜んでいただけるような対応を心懸けるのはもちろんのこと、伝わるコミュニケーションを提供するために、練習を重ねてコミュニケーション能力を向上できるような指導・教育に取り組んでいます。
先ほども申し上げましたが、歯科医師が良い歯科治療をしても、患者様が良い治療だと理解しなければ意味がないです。伝えるのは誰でもできますし、言った言わないの水掛け論になるのが関の山です。コミュニケーションは相手がいてこそ成り得るからこそ、「伝えるではなく伝わる歯科治療」を提供し続けていくことが、小嶋デンタルクリニックの使命でもあると考えています。

 

完全個室診療室

kojima-dc_076
プライバシーを守る、アロマの香るリラックス空間

患者様が周りの患者様の目を気にして、口腔内や治療の事で相談出来ないフラットな診療室(パーテンションで区切られているだけなど)ではなく、患者様が気兼ねなく話せる、言いたいことを言ってもらえる1対1の環境を作れる個室を作りました。口腔内の問題は人に相談しにくい悩みも多いですし、恥ずかしさもありますので、私、スタッフ含め治療を受けるなら絶対個室がいいです。
また治療を提供する医療従事者の観点でも個室はメリットがあります。他の患者様の目線を気にせず、歯科医師、歯科衛生士が患者様のプライバシーを守りながら治療計画や治療内容について伝えることができます。

 

治療と予防を分けた完全個室診療室

 

kojima-dc_101kojima-dc_106

1階が治療(CURE)、2階が予防(CARE) 個室(診療室)を完全切り分けています

治療と予防を完全分けた個室診療室にしています。なぜなら、歯や入れ歯を削る音や、「痛くないですか。」という声がけ、歯科独特の音を聞きながら、クリーニングをしてもリラックスできませんよね。また隣で入れ歯を削っていて、ホワイトニングをしても良い気分になりません。
私が治療してほしい診療室、家族が治療してほしい診療室とはなんだろうと理想を追求してこだわった作成した個室診療室です。心を込めて作成したリラックス空間なので、皆様に体験いただければ幸いです。

 

歯科独特の匂いはしません。

kojima-dc_103
アロマの匂いを楽しんでください

アロマが趣味の私(院長小嶋)が、オリジナルに配合したアロマを炊いています。私の好みの香りではありますが、ご来院されている患者様からはご好評いただいています。当院では歯科独特の薬剤の匂いは全くしません。アロマを炊いていることもありますが、診察室(ユニット)に薬剤を置かないため、歯科医院独特の匂いが個室診察室にこもらない様にしています。薬剤は全て消毒ルームで一括管理しています。当院のアロマの香りがただよう、リラックス空間をお楽しみください。

 

消毒滅菌について

kojima-dc_084
医療器具の使いまわしは一切ございません。
患者様一人ひとり、滅菌パックされた清潔な医療器具を使用しています。

治療器具を使う都度、滅菌器にかけて滅菌処理を行い、清潔で安全な歯科治療を提供しています。
タービン(歯を削る器具)を滅菌せずに使いまわしている歯科医院が数多くあるというYAHOO!ニュースの記事が掲載されていました。院内感染の危険があり、医療従事者としてあるまじき行為です。唾液や血液が医療器具に付着し、B型・C型肝炎・歯周病感染の危険性が伴います。小嶋デンタルクリニックでは自分やスタッフ、家族が受けたい治療を提供しているため、また患者様が心地よく歯科治療を受けていただくために、一切使い回しがないよう、歯科治療に使用する道具、器具は全て滅菌しておりますので、ご安心ください。

 

消毒室

kojima-dc_093
消毒室は通常の歯科医院の2倍以上

消毒作業は患者様に清潔で安全な最良な歯科治療を提供するための基です。当院では歯科衛生士が9名在籍していますので、広くて清潔な消毒室を完備しています。歯科衛生士が消毒しやすい環境を提供することで、精神的にも余裕のある接遇を心懸けることができます。歯科治療はチーム医療ですので、スタッフ全員が働きやすい環境をこれからも作り続けていくことで、患者様に喜んでいただける歯科治療サービスを提供し続けていきます。

 

トイレ(RESTROOM)

kojima-dc_082kojima-dc_081kojima-dc_080


狭いより広いのがいい

小嶋デンタルクリニックのRESTROOM(トイレ)はバリアフリーで、至るところに手すりも付いているため、車いすの患者様や足が悪い方にもお手洗いにスムーズに入れる空間を提供しています。また、トイレは一人の空間でリラックス出来る場所ですので、くつろげる場所の一つとしてご提供したいと考えています。

 

ユニット(診療台のふかふかシート)

kojima-dc_076_2
寝ている体制でも患者様の体の負担がないリラックスするための診療台(ユニット)をご用意しています。

 

カウンセリングルーム

kojima_kaunseringu
患者様との対話空間だからこそ、少しでも緊張が薄れるように、圧迫感のない広い空間をご用意したいと考えていました。診療台(ユニット)一台入る大きさの広さのカウンセリングルームです。

 

ラバーダム(歯の根っこの治療時に唾液の細菌を入るのを防ぐゴム)

kojima-dc_086

雨上がりの【Aさんの話】〜事情通に聞きました!
テレビでも特集されたラバーダムとは?

根っこの治療(根幹治療)時に歯に装着するゴムのシートをラバーダムといいます。舌で歯を触らないように防ぎ、また唾液の細菌が感染しないようするために装着します。

歯科医院であまりラバーダムをみないのはなぜ?

 診療時間が長い。歯科医院側の労力がある。保険点数が0。
根管治療は保険点数も低く経営的に赤字の医療サービスになることが多いため、積極的にラバーダムにコストをかける歯科医院は少ないかもしれません。

小嶋デンタルクリニックがラバーダムを使用する一番の理由

自分が受けたい治療だからです。ラバーダムを使用しない根管治療を考えると精神的に気持ち悪いですね。細菌だらけの口腔内で無菌の処置はほぼ不可能なため、ラバーダムを行うことで唾液による感染も防げます。また治療を受けている患者様の精神的な安心感も違うと思います。当院では根っこの治療(根管治療)時はラバーダムを使用しますが、患者様によっては、ラバーダム装着時に圧迫感や息苦しさを伴うことがありますので、患者様に一度装着していただき、息苦しいようであれば、無理に治療を強いることはいたしませんのでご安心ください。医師が良いと思う医療サービスだとしても患者様が理解し、良い治療を理解していただいてこそ、正しい安全な歯科治療です。

根管治療(神経を抜く根っこの治療)

  • 眠れないほどの歯の激痛がある
  • 噛んだときに激痛が走る
  • 歯の根っこから膿が出ている。
  • 冷たいものを飲食したときにしみた感じが続く

歯の根っこの治療(根管治療)が完治しにくい理由
完治することが難しい治療が根管治療(神経を抜く根っこの治療)です。アンチエイジングの観点から説明しますと、エイジングの原因は慢性炎症と言われています。根っこの治療(根管治療)する根尖病層(歯には無数の象牙細管という管がある)の菌を全て取り除くことが不可能なため、慢性的に炎症を起こしてしまいます。

歯の神経を抜く治療の実体はこんなことをしています。
1,ラバーダムによ細菌感染を防ぎます。

2,歯の神経を取り除きます。
3,薬を入れやするために歯の中の形を整えます。
4,細菌を殺す薬を入れ込みます。

そのほかに根管治療の失敗を0を目指すためにラバーダムを使用し感染を防ぎます。また確実に神経を取り除くために10倍の拡大鏡を使用します。また小嶋デンタルクリニックでは根管治療の難症例によっては、根管治療の実績のある専門の歯科医師をご紹介させていただくこともございます。患者様によりよい医療を提供するためにご理解いただければ幸いです。歯の神経を抜いた後は最短で再来院をしていただき、消毒・治療いたします。

2016/11/24