WEB診療予約

こどもに特化した小児歯科治療

お子様に自信をつけていただくための歯科教育(トレーニング)を実施しています。

img_0184

小嶋デンタルクリニックではお子様(全ての小児患者)の診療をする前に、歯科治療におけるトレーニングを実施できるまでは診療はいたしません。以下のトレーニング内容を事前にご覧になっていただければ幸いです。

歯科治療の練習途中、歯科治療が終わる度に、お子様を褒めて自信をつけるような指導します。また握手やスキンシップを図り、コミュニケーションの大切さを実感できる空間をつくっていきたいとも考えています。またダブル・バインドという、お子様に治療を選択していただく手法を取り入れることにより、お子様一人一人の個性を尊重する治療をしています。是非一度どのような歯科教育を施しているかをご覧になっていただければ幸いです。

こどもの歯科治療トレーニングの始め方【誘導】

キッズルーム
Step 001 

ドクター、スタッフをお子様が怖がらないように、マスクを外して診療室に誘導します。お子様が自分の足で来れるまで時間をかけてご対応いたします。

こどもの歯科治療トレーニングの始め方【診察台(ユニット)】

Step 002 

ひとりで診察台(ユニット)に座れることが理想ですが無理強いはいたしません。診療台に座ることができましたら、倒す前に開口練習をします。診察室外でも開口練習は致します。

こどもの歯科トレーニング【ユニット倒しての開口練習と口腔診査】

Step 003

ユニットに座り、開口練習ができたお子様は次に進み、ユニットを倒します。
※まだ診療に入れそうもない場合は完全にドクター、スタッフはマスクを外し、グローブも装着しないようにします。お子様に安心して練習できるようにサポートします。
ユニットを倒し、しばらく経過しても問題ないようなら、開口練習と口腔内診査を行います。時間を決めて、目標となるゴールを数字で示すようにしています。また、それでも苦手なお子様は、鏡を持って練習します。

こどもの歯科トレーニング【治療時の練習】

Step 004

エアーの練習、バキュームの練習、コントラ(歯を研磨する)の練習、CR(白い詰め物を詰める)の練習など。お子様の歯科治療に必要なことを段階を踏みながら行っていきます。話す。見せる。行う。の3工程で分けてわかりやすく練習を行います。
また、お子様の集中力を大事にするために、30分を目安としての練習をします。また練習ができたときは、必ず握手をしながら褒めるようにしています。
お子様ができるだけ自信を持てるような歯科教育をしていきますので、お子様と一緒に小嶋デンタルクリニックも成長できればと考えています。

アニメーションがみれます。

こども歯科

診療台(ユニット)にタブレットをつけて、 アンパンマン、名探偵コナン、ドラえもん、機関車トーマス、などのお子様の大好きなアニメも多数ご用意しています。

個室の為、お子様の歯科治療を見学することが出来ます。

kojima-dc_076_2

 

 

 

お子様の歯医者きらいの理由NO,1は【痛い!】【怖い】から。できるだけ痛くない怖くない治療を心がけています。

お父様、お母様へお願いしていること

歯医者について、ネガティブ・マイナスな言葉は一切かけないでいただきたいです。悪いことしたら歯医者さんに行くよ。いい子にしないと歯医者につれていくよ。などの言い方をしてしまいますと、歯医者の恐怖観念が染み付いてしまい、歯医者嫌いになってしまいます。是非ともポジティブな発言をこころがけていただければ幸いです。ご協力をお願い致します。

2017/01/17