WEB診療予約

マイクロスコープ(歯科顕微鏡)

コジデンでは、今月もまた新しい機器を導入しました。「マイクロスコープ(歯科顕微鏡)」コジデンの歯科医師は全員拡大鏡(5倍〜10倍)を使用していますが、このマイクロスコープ(歯科顕微鏡)を用いると最大24倍の拡大視野にて治療を行うことができます。

マイクロスコープ(歯科顕微鏡)治療のメリットは

・ 肉眼では観察できないところを観察できるため、高い制度での診断・治療が可能である。
・ むし歯治療の際にも、必要最低限の切削で行うことができるため健全歯質の保存ができる。
・ 外科処置にも利用することで、より侵襲性の少ない治療が可能となるため術後の腫れや痛み、出血が少なくなるメリットがあります。
見えるのと見えないとでは大きな差がありますからね。よく神眼を持つとか言いますが、そういった抽象的なことではなくより現実的に見ることができるのが最大のメリットとなります。

ただその分、操作が難しいのと慣れるにも少し時間がかかります。私は、10倍の拡大鏡を使用して常に診療していますが、流石に20倍となると感覚が難しい。
しかし今まで見えなかったものが見えたりするので楽しいですね。

当院のマイクロスコープ(歯科顕微鏡)治療について

マイクロスコープ(歯科顕微鏡)での診療は、他院では保険外診療で行っている場合が多いですが、当院では保険でも使用したいと思っています。理由としては、早く治したい。根管治療などは、マイクロスコープ(歯科顕微鏡)使用し、的確に汚れを綺麗にするこ
とで治癒効果が非常に高いと言われています。
非常に高価な機器ですので、まだ1台しか導入できていませんが、将来的に増やしていけたら良いなと思っております。
マイクロスコープ(歯科顕微鏡)はリアルタイムの映像を撮影できますで、使用した際は録画し、治療後に皆さんにお見せすることも可能ですので楽しみにしていてください。

2018/07/26